×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

着ることのなくなった着物がタンスに眠っていませんか?買取査定で意外な高値がつくこともあります。まずは査定をしてみましょう。

信頼できる着物買取業者を探しているなら、ネ

信頼できる着物買取業者を探しているなら、ネット専業の『スピード買取.jp』は、専門の査定士がいて顧客満足度も高いようです。

相談はフリーダイヤルで料金がかかりませんし、オペレーターが365日(24H)応対してくれるので、自分の時間に合わせて電話できます。

(携帯・スマホ可)「スピード買取.jp」の名前の由来である超速の出張査定や、郵送・持込査定は原則無料で、初めてでも安心して利用できますね。不要になった和服などがあれば、中古着物専門の業者さんに買い取ってもらうと良いですね。
たとえば紬などは流行に左右されず、大柄の黄八丈のような着物でも、きちんと査定して買い取ってくれます。

特に力を入れているお店では、高値買取も夢ではありません。
紬のほかには、友禅や状態の良い夏の絽や紗なども幅広く扱う業者が多いです。
一度問い合わせてみてはどうでしょう。

着物の価値は、素材や色柄、仕立てなどいろいろな要素で決まりますが、買い取るとき、高値をつけられるものといえば高級品に格付けされる産地の品です。

大島紬、あるいは本場黄八丈といった着物好きなら持っていて当然と言える有名ブランドの着物は中古でも人気があり、高値がつく可能性は高いでしょう。保管状態が良くないと価値が出ませんし、証紙で産地や生産者を示すと高値がつきやすいことはどこの業者の買い取りでも求められます。タンスの肥やしになっていた着物を買い取ってもらい、予想以上のお金に換えられることもあります。一度にまとまった額が手に入れば、気になるのは税金、確定申告です。着物も衣類の一分野とされ、生活必需品に分類されるので、有償で譲渡しても課税されませんが、もし美術工芸品とみなされれば売れた額に課税されることもあり、ケースによって違うと考えましょう。



不安を取り除くためには大事な着物のことで不愉快な思いをしないためにも、最寄りの税務署で、相談窓口を訪ねてはいかがでしょうか。
着物は日本が誇る美しい衣装ですが、手入れには本当に気を遣います。


一斉に虫干しをして畳むときには和紙を入れ替え保管は桐箪笥に入れてと、十分手間をかけないと状態を保てません。もし手持ちの着物で、着る機会がないもの、サイズが合わなくなったものがあれば思い切って買い取りしてもらいませんか。

着ない着物を生かすことにもなりますし大変なお手入れも少しは減ることでしょう。
かさばる着物を買い取りに出したいと思っていても、着物や帯の点数が多かったり、お店が近所になかったりすると、持参するのに苦労しますね。それなら、着物買取の訪問査定(買取)を利用すると便利です。

依頼主は電話をかけるだけで済みますが、その代わり、まとまった量であることが必須で、少ないと宅配便を利用した買取を勧められることもありますから、先に電話で確かめておくと安心でしょう。


買取のとき、着物と一緒に持って行き、証紙を一緒に提出することをすすめます。


ここでいう証紙とは、そもそもの織り元や織物工業組合などから一定の基準を満たした製品であることを証明として発行された登録商標になっています。

証紙は捨てられたりきちんと保管していない方もいますがあれば高値がつくのではなく、ないと価値が下がって損をすると考えて、査定のときには揃えておいてください。中古着物(和服)買取って、最近では宅配便で対応してくれる業者が増えてきているらしいので、形見にもらって着ない(小さい)着物を思い切って処分することにしました。

サイズが合わないから着ないだけで、元は高級な品ですから、誠実な業者さんを探したいと思っています。

古物商の認可が必要らしいので、まずそこを確かめてから依頼するつもりです。

関連記事

QLOOKアクセス解析
Copyright (c) 2014 着物買取のすすめ All rights reserved.