×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

着ることのなくなった着物がタンスに眠っていませんか?買取査定で意外な高値がつくこともあります。まずは査定をしてみましょう。

もう着ない着物があって、高値で買い取ってもらえたらタンスの中も片付き、お金も手に入って一石二鳥ですね。

もう着ない着物があって、高値で買い取ってもらえたらタンスの中も片付き、お金も手に入って一石二鳥ですね。



まずは新品同様であれば、高い値がつく条件を満たしています。


流行の柄、あるいは人気の柄、素材も有名な産地だったり、高級なものだったりすれば高価買い取りも夢ではありません。

反物の状態であっても大抵の業者では買い取ってくれます。仕立てる予定のない反物も査定が無料なら、気軽に受けてみましょう。
要らなくなった着物を処分するとき、買取額ってどうしても気になりますよね。


だいたいでいいから相場を知りたいという人は多いです。

しかし中古品といっても和服の場合は、保管状態だけでなく、元々の品物の良さ、素材や汎用性(希少性)でも値付けが異なるので、一概にいくらと決めるわけにもいきません。


たとえば種類や状態が同等の訪問着があれば、サイズが大きいほうが、着付けやお直しができるので高値で引き取るはずです。着物の価値のわかる査定員のいる業者に見てもらうのが高値売却のコツだと思います。
祖母の遺品を整理し、形見分けを進めているところ、引き取り手のない着物がかなりありました。


専門の業者に売るのが一番いいだろうと、調べてみると電話もしくはメール一本で車で買取に来る業者も結構あるのですね。着物はどれも重いし、かさばるので自分ひとりでお店まで運ぶことを考えると気が遠くなる、と泣きそうになっていたので、実にありがたい話です。和服の買取業者に査定を依頼するときは、喪服は注意しなければいけません。


というのは、喪服の買取は基本的にお断りするケースが多いからです。

中古の着物を扱っている店舗では、普段使いでもなければおしゃれ着にもならない喪服の需要というのは、少ないからです。

それでも品物が良いから買い取ってほしいと思ったら、ごく一部ですが、喪服を買い取ってくれる業者もありますので、最初からそちらを頼ったほうが手間がなくて良いでしょう。

和服は高価だし思い入れもあるもの。処分するときにも、信頼できそうなところでないと、大損なんてことになりかねません。

着物買取でのトラブルというとやはり、安値買取のゴリ押しでしょう。
それと、宅配査定で断ったけれどなかなか返してもらえないなどですね。事前に業者のクチコミなどの情報収集をし、ここはと思うところに依頼しましょう。


それから、発送する前に写真に撮っておくのも良いかもしれません。発送伝票も大切に保存しておいてください。古い着物はどこのご家庭にもあると思いますが、その処分にお困りの方も多いでしょうし、今後増えるでしょう。着ていた人のことを考えれば捨てたくないですし、まだ着てくれる人がいて、お金になるなら売りたいところです。

もし着物を売りたいなら、専門業者の中では全国から買取をしている友禅市場はいかがでしょうか。送料と査定料がかからないことは大きいと思います。
見積りだけの利用もできます。着物の処分を考えている方、まずは試しでこの店のことを調べてほしいと思います。


着物買取の前に査定をするわけですが、そのとき証紙を一緒に見せられるようにしてください。



証紙の説明をすると、織り元や織物工業組合などが一定の基準を満たした製品であることを明確に示している独自の登録商標を指します。
証紙は捨てられたり言われてはじめて、どこにあったかと思う方もいるようですが次に売るためにも、ないと困るものの一つなので探して査定のときに持って行ってください。次の人にも大事に着てもらいたい着物を高く買い取ってもらいたい気持ちがあれば、複数の業者から査定を受け買取価格を比較すると、どこがいいかわかります。
査定後、キャンセル可能な業者を訪ねることをすすめます。
査定額のデータが出そろい、高いだけでなく信頼できる業者に話を持って行くために査定のときに、条件を出されたとすれば、しっかり確認し、それも比較してから決めるべきです。

関連記事

QLOOKアクセス解析
Copyright (c) 2014 着物買取のすすめ All rights reserved.