×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

着ることのなくなった着物がタンスに眠っていませんか?買取査定で意外な高値がつくこともあります。まずは査定をしてみましょう。

一般的に質屋さんはなんでも扱うと思われがちですが、和服を扱うところとそうでないところがあるので、あらかじめ持ち込む前に確認するのが良いと思います

一般的に質屋さんはなんでも扱うと思われがちですが、和服を扱うところとそうでないところがあるので、あらかじめ持ち込む前に確認するのが良いと思います

。もし手間が嫌でなければ、着物を専門に買い取る業者に頼めば、プロの目で査定してもらえ高値がつきやすいので、良い着物を持っている方ほど専門店がおすすめです。



わざわざ遠くの専門店に行かなくてもネットで探せますし、宅配や訪問査定もできますよ。普通の人が和服を買い取ってもらうことはあまりないと思うので、もし売却を考えているなら、良い値段で買取してもらえるよう、着物買取業者の評価をチェックしておいたほうが良いでしょう。

電話相談できたり買取実績が多くて評判も悪くない業者というのをリストアップして、複数のところに査定してもらい、比較します。
高値が良いのは勿論ですが、同じ査定額でも対応の良し悪しが分かるので、気持ち良く取引でき、価格面でもお得になります。
和服の買取業者に査定を依頼するときは、喪服だけは気をつけなければいけません。ほとんどのお店で、喪服の買取を避ける傾向があります。

年配者にも洋服の喪服が定着していることもあり、和服の中古市場では特に、喪服の流通はほとんどないか、あってもサイズの問題で難しいからです。


それでも品物が良いから買い取ってほしいと思ったら、数は少ないですが、喪服を扱う業者がないわけでもありませんから、そうした会社に問い合わせたほうが効率が良いと思います。
着物はトータルコーディネイトするものなので、着物、帯はもちろん着物に付随した小物、たとえば帯締めや帯揚げなど併せて買取可能です。とはいえ、襦袢までは買い取りできないようです。



襦袢は下着の位置づけなので着用済みだとほとんど売れないからです。それでも買い取る可能性があるのは正絹であまり古くなく未使用のもの、柄行が珍しいものなど需要はあるかもしれず、買い取りできるかもしれません。他の着物や帯と一緒に、査定してもらいましょう。リサイクルブームがひとつの契機となって、着物買取をする業者が増えてきているようです。
ウェブ検索すると数多くの業者が見つかりますが、利用者として気をつけなければならないのは、買取実績がある業者のふりをして、品物だけを詐取するような違法行為を行っている業者もあるということで、評判の確認だけはしておくべきでしょう。着物を売る前に、いくらで買い取るか査定を受けますが、無料で出張もしているし、店舗へも持ち込めるとすれば売る方にとってどちらが有利か、と聞かれれば、どんな買取でもそうですが、持ち込みの方が有利です。

査定の結果に満足できなかったときに後で他のお店に回ることもできるからです。お店までの足がない、量が多いなどで持ち込みできないなら出張査定は無料サービスで査定後の買取中止も無料でできると明文化している業者に依頼しましょう。


一度も着ることなくしまわれていた着物も、どんなものでも高く買い取ってくれるわけではありません。
着ることによる傷みはなくても保管している間に経年劣化して、もろくなるなど、状態の悪化はどうしても起こります。



未使用かどうかは必ずしも関係なく、持ち込んだときの状態が一番重要なのです。

保管状態が良く、未使用でもう着ないという着物をお持ちの方、少しでも早く査定を受けることをおすすめします。多くの方が、着物をタンスの肥やしにしているもので、着ない着物は買い取ってもらって、すっきりしたいという方も案外身近にいるものです。着物の種類はたくさんありますが、需要が多いのは何なのか素朴に考えるところですが、訪問着は一番買い手が多く、比較的高値で売れます。



幅広い年齢層からの需要があるのは訪問着で、未婚でも既婚でも着られる場面が多いからです。訪問着を買い取ってもらおうかとお考えの方、無料で査定してくれる業者に、お願いしてみてはいかがですか。

関連記事

QLOOKアクセス解析
Copyright (c) 2014 着物買取のすすめ All rights reserved.