×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

着ることのなくなった着物がタンスに眠っていませんか?買取査定で意外な高値がつくこともあります。まずは査定をしてみましょう。

大切な着物を処分するときは、元の価格を考えたら、誠実な買取業者を選ばなければ、相場より低い価格で、損をしてしまうこともあります。

大切な着物を処分するときは、元の価格を考えたら、誠実な買取業者を選ばなければ、相場より低い価格で、損をしてしまうこともあります。



よくトラブルで耳にするのは、安値買取のゴリ押しでしょう。



それと、宅配便査定のキャンセル時に、返送されない・足りない・物が違うというのも多いです。あらかじめ相手の評価をネットなどで調べ、吟味した上で査定を依頼し、また、中身の写真を撮っておくというのも双方の思い違いも解消できるので、安心です。
衣替えのたびに、納戸の桐たんすにある着物を然るべき所に処分したいと思いはするのですが、懐かしい品や形見の着物もあって、ついに処分できずじまいでした。



ただ、雑誌で和服買取業者があるのを知り、調べてみたらたくさんあって、驚きました。



和服を着たい人って多いんですね。産地や生地も理解して値付けするので高値が期待できますし、和服専業の買取業者さんだと丁寧に品物をみてくれるんだなと好感を持ちました。


天気の良い日に風入れがてら整理して、頼んでみるつもりです。

不要な着物を処分した結果、予想以上の金額が手に入る可能性もあります。確定申告が不安になることもありそうですね。普通、着物は生活必需品とみなされ、有償で譲渡しても課税されませんが、高級なものは美術工芸品とみなされ、売却金額に課税されることもあるのでケースによって違うと考えましょう。少しでも気になるなら、後から申告漏れで追及されるのは誰でも嫌なので、申告時期の前に、直接税務署に相談した方がいいと思います。着物買取業者というのをご存知でしょうか。



最近、苦情も多くなっているので、査定依頼するときは注意しましょう。
私が見聞きしたところでは、着物の買取を前提とした訪問見積りを頼んだのに、決めた日時より早く、突然押しかけてきて、長時間ねばって宝飾品も一緒に売らせようとした事例がありました。

投げ込みチラシを鵜呑みにするのは危険ですね。



まともな業者なら、このような行為は無縁でしょう。次の人にも大事に着てもらいたい着物を一円でも高く買い取ってもらいたいなら査定を何軒かで受けた後、どの業者が一番高く買い取ってくれるか調べましょう。
ですから、はじめから査定後に買取キャンセルできる業者を探さなければなりません。
何軒か調べて査定額を比較し、金額も対応も信頼できる、良い業者と話を進めていくために査定時に言われた様々な条件もそこを十分確認してから決めましょう。着物を売る前に、いくらで買い取るか査定を受けますが、無料で出張もしているし、店舗へも持ち込めるとすれば何とか高く売りたいと思う方は、車の買取と同じで、お店で査定してもらった方が良いです。

思ったよりも安い査定額だった場合、後で他のお店に回ることもできるからです。



とはいえ、持ち込みは難しい事情があるなら出張査定は無料サービスで査定後に買取を断ることも可能とはっきり書いている業者を選びましょう。
多くの着物買取業者では、着物と帯の他に帯に合った帯締めや帯揚げなど小物も買い取りもできるので、聞いてみましょう。それでも、襦袢の買取は難しいと思ってください。
肌着とは言えませんが、下着に分類されるため未使用ならともかく、着用済みでは値がつかないのです。それでも買い取る可能性があるのは素材が絹など上質で、未使用の襦袢や、今では珍しいアンティーク柄の襦袢などは需要はあるかもしれず、買い取りできるかもしれません。

この際ですから、査定を受けるだけ受けてみましょう。


誰も着ないまま、長い間しまわれている着物の管理に悩んでいませんか。


着物を着る機会が多い方はそうはいないもので、タンスにしまっているだけでは、手入れが負担になるばかりです。
振袖の場合、色も鮮やかなものが多く、お袖も長いので虫干しだけでも手間がかかり、細心の注意を払わないといけないですね。
将来にわたって、着ないと思われる着物は買い取りしてもらうと、楽になれるのではないですか。生地や色柄、仕立てがいいものなら、傷みなく着ており、きちんと手入れされていれば買取価格は高くなります。



関連記事

QLOOKアクセス解析
Copyright (c) 2014 着物買取のすすめ All rights reserved.